上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
I ended up staying in a hospital for 40 days since September 13th. It was for the second round of strong chemo, and for some reasons I thought it would have been easier than the first round before going in. Actually, the side effects were very light, except those destroyed white blood cells took a long time to come back. One thing about leukemia is that everybody reacts to the treatments differently. Fortunately that mysterious high fever I suffered this spring several times didn’t come back, despite the low white blood cell count. But it was quite a nerve wracking experience to live with almost zero immune system for many days. The hematology floor I was in was equipped with HEPA filter but still I have to were a mask when I walk around the hallway for some exercise, and wash my hands when I come back to my room. I could enjoy colors of trees changing from windows but It was strange to feel the temperature of my surrounding stayed the same.
It’s so nice to be back home again and smell the air.
If my condition stays stable, I can stay at home for a week or so. Then a stem cell transplant is scheduled in early part of November. They found a 10/10 match donor through National Marrow Donor Program. Once the transplant is done, I would be in a hospital longer, dealing with all kinds of reactions such as GVHD. I know it’s not going to be easy but I still think I’m lucky to have a donor.
So It will be another long pause for renewing this blog. When I come back next time, I hope I can bring a good news.

結局9月13日から病院に40日間お世話になってしまった。2度目の強い抗がん剤治療で入院し、当初は2度目の副作用は1度目よりも軽いものだと思い込んでいるふしがあった。実際に副作用はたいしたことなかったのだが、抗がん剤によってがん細胞と一緒に破壊された白血球が自力で戻ってくるまでにとても長い時間がかかってしまった。白血病というのは人それぞれ治療に対してのリアクションが違うらしい。幸いだったのは春ごろに襲われた原因不明の高熱が白血球値が低い状態でも戻ってこなかった。ただ免疫力がほとんどゼロの状態で毎日を過ごすというのは神経を消耗させる。入院していた血液癌科のフロア全体にはHEPAフィルターが設置されているのだが、運度不足解消のため廊下を徘徊する時は必ずマスクを付け、部屋に戻ったら手を洗う。窓から見える木々の色が変わっていくのを楽しむことは出来たが自分のいる環境の温度がずっと同じだということが変な感じだった。
やはり家に帰れると嬉しい。空気の匂いがありがたい。
もし今のコンディションに大きな変化がなければ一週間ほど家に居れることになる。そして造血幹細胞移植が11月の初旬に予定されている。アメリカ国内のドナーバンクを通して10/10マッチのドナーが見つかった。移植が無事に済んだ後はGVHDなどの色々な拒否反応に向き合わなければならない。それでもドナーがいてくれたというのは実に幸運なことだと思う。
ということで、またこのブログも長いこと休止するが、つぎに更新する時は良い知らせをお伝えしたい。



Ascent
Ascent (detail), 2014

スポンサーサイト
10/23|Others||TOP↑
I came home from a hospital last Saturday. I ended up staying in the hospital for 5 weeks. The side effects and some complications from the chemo were tougher than I expected. I developed a fungal infection in my lung while my white blood cell count was almost 0. Fortunately a new anti-fungal drug was working and the infection is under control.
I think the chemo worked well and my blood count seem to be pretty good. But staying in a hospital for a long time, I lost most of my muscle. I need to regain some of my strength back.
Good thing is the weather is beautiful this time of the year. I’m looking forward to a lot of strolling around my neighborhood again.

先日土曜日に退院できた。結局今回は5週間病院の世話になっていたことになる。化学療法の副作用とその合併症が思っていたよりも大変だった。化学療法で白血球の数が0に近い状態で、肺に真菌感染が発症してしまった。幸い新しい抗菌薬の効果があり感染症は治まってくれた。
化学療法自体は効果があり血球値はとても良い数値となっている。ただ長い入院生活のお陰で身体中の筋肉がすっかり落ちてしまったので、これからまた体力を取り戻さなくてはならない。
有り難いことに、今は外を歩くのにとても気持ちの良い季節なので、これからまた近所の散策が楽しみである。


Gyre
Gyre 2008, Detail

09/05|Others||TOP↑
Since 1993, I always had a show in Japan this time of a year in a town called Kiryu where I grew up. It started out very casually in a small café owned by my friend. It was a great arrangement because I could stay at my parents house with my wife and our son who was still a toddler back then. After the café was closed, I was introduced to Mogi gallery by my artist friends. And ever since, it had become my summer routine to show my new works there. I added another location, Gallery Maya, in Osaka in 2006, through a recommendation of another friend. Since I was shipping my paintings to Japan, I was glad to have more chance to show in different places on one trip. And I met many artists and art lovers all these years.

Unfortunately, I had to suspend this routine this summer because of my sickness.
I miss seeing everyone who had been visiting my shows every year. It has always been inspirational to hear their thoughts on my works. I really hope I can cure this illness and get back to the routine again.

But at the same time, I realized that I have been enjoying a little vacation I’m having right now. My activities are very limited due to a low white blood cell count. But I still could stroll around my neighborhood. This is the first time I spend whole summer in Beacon since I moved here.  And I’m relishing breathtakingly beautiful summer sky right before the sunsets in this Hudson valley.

As for the illness, I just found out that it progressed from MDS to AML(acute myelogenous leukemia) today. A stronger chemo therapy starts tomorrow.

1993年以来、毎年夏になると故郷の桐生市で展覧会を開かせてもらってきた。最初は知り合いがやっていたボケという小さな珈琲屋に作品を掛けさせてもらった。ボケが閉まった後は作家友達にモギギャラリーを紹介してもらい、以来夏の展覧会は毎年の行事となった。2006年には、他の作家友達にギャラリーマーヤを紹介してもらい、毎年2箇所で展覧会をしてきた。一回日本へ作品を送ることでより多くの人に作品を観てもらえるのはありがたいことだった。そして多くの作家や美術愛好家の方達に出会えたことも嬉しかった。

ところが、今回の病気のため、この毎年の行事を休止せざるを得なくなった。毎年のように展覧会に来ていただいた方達に会えないのはなんとも残念である。いつも作品を観ていただき感想などを聞かせてもらうことが制作の大きな励みにもなっていた。なんとかこの病気を治してまた展覧会を開きたいと思う。

でも、同時にこの時期にビーコンの自宅で過ごすのはちょっとした休暇にも思える。白血球の数値が低いので行動範囲は狭いが、近所を散策することはできる。気がついてみたらビーコンで過ごす最初の夏である。夏の日暮れの空の息を呑むような美しさを楽しんでいる。

病の近況だが、最初に診断されたMDS(骨髄異形成症候群)がAML(急性骨髄性白血病)に進んでいることが分った。明日から今までよりも強い化学療法が始まる。


Stroll 03
Stroll No.3, 2007 Detail


07/29|Others||TOP↑
Since January, I have had a high fever every month.
I was hoping June would be free from the mysterious fever.
But it came all a sudden two weeks ago, and went to the hospital.

My neutrophil count is lower than normal because of MDS.
But it still shouldn’t be this easy to get some kind of infection. The scary thing is that every time I get a fever, my blood pressure goes down too much, and I end up in the ICU.

Every time, the doctors run many tests to find out the cause of the infection, but it still remains a mystery.

Many years ago, there was a TV show which I enjoyed watching every week.
It’s a medical drama, presenting some mysterious disease every week. And the main character, an eccentric doctor, and his team end up solving the mystery at the end of every show.

I wish a cause of my fever can get solved like that.

At lease, every time the fever is gone, I feel like I recover stronger.

Just hoping I can stay away from a hospital next month.



1月以来、毎月高熱を出している
6月はなんとか熱が出ずに済むかと期待していたが、
やはり2週間前に突然発熱して、病院の世話になった。

MDSという病気のために好中球の数値は平常値よりも低いが、
そんなに簡単に感染症にかかるほど低いわけではない。怖いことに、高熱にともなって急激に血圧が下がってしまうので、結局は集中治療室のお世話になってしまう。

毎回、医者たちが感染症の原因を探してくれるのだが、いまだに謎である。

何年も前だが、よく観ていたテレビ番組があった。医療関係のドラマで、毎回不思議な病気が登場し、主人公の変わり者の医者とそのチームのメンバーが番組の最後には病気の謎を解明してくれる。

そんなふうにこの高熱の原因も誰かに解明してもらいたいものである。

ただ、なんとなく熱が下がる度に、回復後の体力が上がっていているような気がする。

とにかく次の月はなんとか病院の世話になることなく過ごしたい。





runnel-s
Runnel (detail) 2009


06/29|Others||TOP↑
Since I was diagnosed with MDS, I have received quite few units of red blood cells.
At first, I was very nervous about letting someone else’s blood in me. Even though it’s not common, there are cases that your body doesn’t accept a transfusion. Fortunately, I haven’t had such a problem so far.

In fact I was really surprised by the effect of the red blood cells do to you. When the number of hemoglobin is low, you feel so tired and can’t even breathe well. But as soon as you receive a few units of red blood cells, you can feel the difference in your body. It is amazing that even though it’s someone else’s red blood cell, it does the job to carry oxygen all over my body.

My blood type is AB+, which is a universal receiver, and can receive all other blood type like A, B, and O. And I have been receiving all four blood types. It’s interesting that many people in Japan and other eastern Asian countries are into a personality analysis based on the blood type. But as far as I can see, I don’t feel any difference or change in my thinking process when different blood type is transfused in me.

I just feel so thankful for all the people for donating their blood.


MDSと診断されて以来、けっこうな量の輸血をしてもらった。
最初は他人の血液が自分の中にはいってくるということにかなりの不安もあった。実際、数は少ないが輸血にたいする拒否反応などがでることもあるというが、幸い今のところそういうことはない。

驚いたのは赤血球の量が身体に及ぼす影響である。ヘモグロビンの数が正常値よりもずっと低いとほんとうに疲れやすく、また呼吸さえも楽にできなくなる。ところが数ユニットの輸血で赤血球数があがると、てきめんに効果が現れる。赤の他人の赤血球なのに、きちんと体の隅々まで酸素を運んでくれる役目をはたしてくれるのである。

ぼくの血液型はAB型で、どの血液型でも受け入れられるらしい。実際、いままでA, B, AB, Oと4つのタイプ全部をいただいてきた。日本や東アジアの国々では血液型による性格判断が盛んだというが、色々な血液型を輸血してもらいながら、自分の中に何か変化とか感じるのだろうかと注意していたが、なにも感じなかった。

とにかく献血をしていただくすべての人への感謝の思いでいっぱいである。


oblation2
Oblation (Detail) 2007

05/28|Others||TOP↑
Profile

Hiro Ichikawa

Author:Hiro Ichikawa
絵描き
Painter

ビーコン NY 在住
Lives and works in Beacon NY

Categories
Recent Entries
ブログ内検索
Links
Counter
Archive
10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。